t-ESO for Planning

予算管理の基本プロセス

予算管理には、予算編成業務、執行管理業務、予実管理業務の3種類の業務があります。
多くの企業では、これら業務の内、予算策定業務、予算集計業務、予実分析、見込み策定といった業務において、Excelを活用しています。

予算策定業務にて考慮すべき事項

迅速な経営判断をするためには、以下の方針に基づいて、予算策定や見込み策定を行う必要があります。

予算策定業務の現状(Excelを活用したシステム)

・予算策定業務がシステム化されておらず、システム外に Excel が氾濫します。
・多数の Excel ファイルを経由するため運用負荷が高く、業務統制、機密保持も脆弱となります。
・マニュアルによる運用となっており、予算策定や見込み策定期間を短縮することが困難です。

t-ESO for Planningを活用した予算管理システム全体像

SAP BPCに過去業務実績データや非財務情報を取り込み、それらを参照してt-ESO for Planning上で予算編成作業を実現することができます。すべてのデータはSAP BPCで統合されており、データ配布や集計作業は不要になります。

t-ESO for Planning主要機能

t-ESO for Planningで具備されている主要機能は以下の通りです。