t-ESO for PSI

一般的なPSI業務

PSI業務は最終顧客を起点とし、販社(一般的には本社)による販売計画立案、生産者(一般的には工場)による生産計画および調達先への調達計画を適正に実施するための考え方です。

PSI策定業務にて考慮すべき事項

PSI策定業務では、販売計画から入荷計画や在庫計画を策定する事を行いますが、それだけでは企業価値の向上には寄与しません。下記のような方針が必要です。

PSI計画策定業務における課題

・製造業における需給調整業務は、サプライチェーンにおける重要な鍵でありながら、部門横断的な業務特性から、様々な課題を抱えています。
・Excel等を活用した手作業による運用となっており、計画策定やフォーキャスト把握の期間を短縮することが困難です。

t-ESO for PSIを活用したPSI計画策定システム全体像

SAP BPCで販売計画、生産計画、調達計画を一元管理することで、PSI計画を各部門で共有するとともに実績データを取り込み、それらを参照してt-ESO for PSI上で全社PSI計画の策定・需給バランスの調整を効率的に実現することが可能となります。全てのデータはSAP BPCで統合されており、データ配布や集計作業は不要になります。

t-ESO for PSI主要機能

t-ESO for PSIで具備されている主要機能は以下の通りです。

管理会計業務とPSI計画策定業務との関係

t-ESO for Planningとt-ESO for PSIを同時に導入することで、PSI計画策定業務を考慮した管理会計業務の実施が可能となります。